ホーム > 雨楽な家

雨楽な家

Uraku House

木の香り、風のささやき

「本物の木の家を手の届く価格で」

本物の材料を使い、職人の手仕事を生かした木の家とはいえ、コストが上がっては何にもなりません。"本物の木の家を若い人に手の届く価格で"が「雨楽な家」の基本理念です。 柱も梁も床板も本物の桧や杉ですが、一等材という節は合っても強さは変わらない材料を選びました。職人の手仕事といっても手の込んだ高級な手仕事ではなく素材感を生かしたものです。無駄をそぎ落としたあとに残る本質。引き算の美学。心地よい統一感にあるシンプルモダンなデザインは、省コストにも貢献しているのです。

「桧、杉、漆喰、自然建材の家」

育ってきた木のままの姿・形で利用する無垢材。天然の木は、湿気の 多いときは、空気中の水分を吸い、乾燥しているときは、湿気を吐き 出します。『雨楽な家』は、無垢の国産材にこだわります。 漆喰は、消石灰にフノリなどを加えて水で練り上げた伝統的な塗り壁 の材料。防火性が高く、調湿性、耐久性も高いのが特徴です。『雨楽 な家』は、落ち着いた漆喰壁のよさを見直します。

「大工の職人技で建てる」

木造軸組工法の美しさがいちばん映えるのは、上棟時。柱と梁、桁が 整然と立ち並ぶ、計算しつくされた合理性と力学的バランス。長年の 家づくりの知恵とノウハウがこめられた構造美には、コストパフォー マンスのひみつも隠されています。 草や木、竹など自然の色を取り入れた日本人。自然を大切にするその 心は、住宅を豊かにし、生活を楽しいものにしてくれます。

構造美、真壁造、引戸、土間、いぶし瓦、大黒柱、ウッドデッキ、ロフト、日本の伝統色

無垢の国産材(桧・杉・松)
育ってきた木のままの姿・形で利用する無垢材。

漆喰壁
漆喰は消石炭にフノリなど加えて水で練り上げた伝統的な塗り壁の材料。

井桁に組んだ梁空間
圧迫感を与える天井でふたをせず、井桁に組んだ梁空間を楽しむ家

新発田市を中心に 自然素材の新築注文住宅・リフォーム 髙橋建設

ACCESS